So-net無料ブログ作成
検索選択

Palmpreと、appleの危機感 [Palm]

palmpre、日本語表示可能。
http://hal9.blog3.fc2.com/blog-entry-102.html
 おそらくPalm社が描いている筋書きは、SDKを秋に公開、そして来年初に全世界展開(とAT&Tに販売)と言うところだろう。個人的には、そううまくいくかどうかについては懐疑的なのだが、それがベストであることは疑いようがない。
 それにしてもSprintはずいぶん必死だ。ここ数年T-mobileやAT&Tに一方的にやられてきただけに、ようやく入った切り札に対し、しがみつきすぎているような気がする。恐らくそれは、palmにとっても、sprintにとっても、幸せな結果をもたらすとは考えにくいのだが。

 昨日、WWDCで気になったのは、随分とappleはPalmpreを意識しているなと言うことだ。どっかのバカが、先行者利益や、自らの後出しじゃんけん、ハードウェアキーボードやタッチパッドなどについては全く取り上げず、たいしたことがないと言っていたのは失笑物であったが、どうやら頭が膿み腐れたアップル信者と違い、appleはかなりの危機感を持っている。appleが扱き下ろす物は、appleが対抗意識を持っている物と同議であるというのは常識だが、今回のそれはまさしく象徴的であった。先日発売されたプラットフォームのアプリの少なさを取り上げて批判したのだから。(おまけにpalmOSの膨大な遺産を無視して!)

 そしてこれは、もしもWebOSがある程度のシェアを築いたとき、そのアプリ増大ペースが恐ろしいこととなるであろうことを示唆している(危機感を持っている)と見てよい。何故ならばWebOSの開発言語であるjavasprictは、iphoneの開発言語よりも遙かに開発者が多いからだ。もちろんこれは夢物語であるが、その可能性をappleは恐れている。

 そして、iphoneのOSは、もはや時代遅れになりつつある。マルチタスクに対応していないというのは、今後間違いなく忌避される原因となり得る。ソフトウェアが増えれば増えるほど。他OSのタッチオペレーションもだいぶ成熟され、iphoneのそれと大差無くなってきており、(カメラUIに至っては、なんと他OSのほうが遙かに進んでいる有様だ!)それによってiphoneを買うということもまずなくなるであろう以上、このままではアプリケーションの多さという先行者利益のみでしか、appleは優位性を保てない。そしてその優位性がPCと違い、もろく、崩れ去りやすいことは、Palmがすでに証明している。

 まあもっともその心配はいらないだろう。パクリの天才apple(これは褒め言葉だ。)だから、それはそれは見事なまでに他OSの長所をパクリきるだろうから。そうなったら、今度私はPalmを買うのをやめ、アップルの製品を買うかもしれない。手に入りやすいのは圧倒的に後者だし。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。